FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

近くて遠いサンフランシスコに小旅行

あけましておめでとうございます。
お正月とは関係ないですが、お正月ということで少し長めのポストです。

増築中に家を何日か留守にしなくてはいけないことがありまして、11月のことになりますが、サンフランシスコに短いバケーションに行きました。

これが、すんごく楽しかったのですよ。

サンフランシスコは駐車料金が高いので、電車で向かいました。
これもまたいつもと違って楽しい~

私達が泊まったホテルは、Omni San Francisco Hotel 大きなホテルではありませんが、yelp での評判通り、とても良かった。 サンフランシスコにしてはお部屋もそこそこ広いし、立地もとても便利な場所。

今回は行きませんでしたが、ユニオンスクエアも近いし、ケーブルカーは目の前。チャイナタウンへは数ブロック。フェリービルディングだってすぐの距離。

今回の旅ではチャイナタウンを満喫しました。

sf3.jpeg

いきなり夜ですが・・。 週日の夜は人も少なくて、お買い物もスイスイ。
セグウェイのツアーって少し前まではオークランドにしかなかったのに、知らない間にサンフランでも解禁になってたのね。

sf2.jpeg

英語になりますが、無料でサンフランシスコ市内を案内してくれる、San Francisco City Guides のチャイナタウンツアーにも参加してきました。同じようなツアーでも有料のものがありますが、無料でも十分楽しめますので、こちらがおススメ!

ツアーは地元民の憩いの場所でもある Portsmouth Square から出発します。
sf12.jpeg

違法ですが、どうどうと賭けごとを楽しんでいます。
女性だけのテーブルも端のほうにありました。

このツアーは、観光のメインストリートである Grant や地元民が買い物をする Stockton のような大通りではなく、裏道 alley の面白さを教える?ツアーです。これがまた興味深い。

Alley にはこんな感じの道しるべ?がありました。

sf6.jpeg

ここは、チャイナタウンで唯一手作りでフォーチュンクッキーを焼いている工場?で、直売店にもなっています。中に入ると、無愛想なおじさんがサンプルをくれます。その奥ではおばさんがクッキーを形作っています。

面白いのは、中にはいって写真を撮ると2ドル撮られるよ、とツアーガイドの人が注意すること。そういうところがチャイナタウンぽい。
私が読んだサイトでは50セントって書いてあったけど、相手によって値段が変わるのかな?

sf4.jpeg

このお店の直ぐ隣では、中国の三味線みたいな楽器をひくおじさん。どうも床屋さんのようですが、お店の前には手書きで、フランクシナトラとかと共演もしているし、Will Smith が主演していた The Pursuit of Happiness にも出ています!みたいなことが書かれています。でも、あんまり上手じゃない・・・。なんかくちゃくちゃでいい加減な感じが、面白い。

sf9.jpeg

チャイナタウンには黒い歴史もあり。ここは昔、賭博やドラッグ、遊郭のような場所があるところだったのだそうです。チャイニーズギャングの抗争があったり、小さい町ながら、いろいろと深い歴史があるようです。

この Alley はその中でもあまり語られることが多くない場所。

sf7.jpeg

この右手前にあるレンガでできた花壇のような場所は、中国から連れられてきた(あるいは売られてきたり、人攫いにあってきた)若い女の子が競りにかけられた場所なのだそう。そうやってやってきた女の子達の生存期間は平均で7年くらいだった・・というから、本当に悪い環境だったのでしょうね。

ここから数ブロックのところには、白人しか住んでいないような高級住宅地・・・ほんと数ブロックで同年代の女の子の人生は天と地だったのだと思うと、なんで人間はそうなんだろう・・・って思ってしまいます。

sf10.jpeg

他にも Alley をいくつか巡りました。

ここはなんだったかな?

sf1.jpeg

ここは建物通しが近いので、ハリウッドの映画などで屋根を飛び回るようなシーンでよく使われるのだそうです。洗濯物が干されているのも生活感がでていいのでしょうね。

sf11.jpeg

ここは、今は銀行になっていますが、その昔は電話の交換所だったそうです。電話番号というものがなかったので、何とかストリートの緑のドアのなんたらさん・・・みたいな感じで電話をつないでもらえたとか。居なかったらいきつけのバーにかけなおしてくれたりもしたんですって。それはそれで便利ね。



チャイナタウンはノースビーチと呼ばれるイタリア人街と隣り合わせ。ちょっと歩くと、ヨーロッパな感じになります。

sf8.jpeg

ホテルには朝ごはんがついていませんでしたので、こちらのテイクアウトのディムサムにお世話になりました。お店の人は英語があまり話せないのでみぶりてぶりですが・・・ 美味しくて安い!普段はすごく並ぶようですが、朝早くいけば並ばないでも買えますよ。

sf5.jpeg

チャイナタウンだけではなくて、お洒落なフェリービルディングにも行きましたよ。
ブルーボトルのアイスコーヒー美味しかったです。
sf14.jpeg

本当に数ブロックで景観がかわるサンフランシスコは楽しいですね。

2017年01月01日 旅行 トラックバック:0 コメント:0

<< ドックフードをすこし贅沢に Rawboost | 10分の片づけで人が招ける家TOP | やっと見つけた iphone ケース Spigen Ultra Hybrid iPhone 6S Plus Case >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。