FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

矯正始めて気がついたこと

先日もちょこっと書きましたが、歯科矯正を始めておよそ4ヶ月。

ワイヤーを口に入れられた日には、「こんなのよく子供がやるな」と思いましたよ。ほんとに。

アメリカでは真っ白で歯並びの良い歯が良いとされ、ガタガタの歯は貧乏の印(=矯正する資金がない)という印象を与えてしまいます。私の場合は、息子がやるタイミングということ、また、見える部分はさほど歯並びは悪くないのですが、奥のほうに食べ物が挟まるスポットがあり、それをなおしたくなっての、矯正でした。今更、「こいつ、金もっとルナ!」と思われることを狙ってるわけではないのですw

で、入っているワイヤーですが、本当に昔ながらのタイプで、口の中が痛くなることが多いのです。痛みに弱いアメリカ人がこんなのを我慢できているのが不思議ですが・・・。

で、心底まめな私(夫談)は、いろいろとネットやアマゾンで役に立つものを探すわけです。これが・・・無いのですよ。うーん、アメリカ人だったら間違いなく「痛くない」、「心地よくする」グッズや薬がズラリと揃っていると思ったのに、ちょっとビックリ。

で、まめな私は、矯正歯科の先生にいただいたワックスをこねこねして、痛くなっている辺りに埋め込みます。

2016-10-14_185000373_B7EB7_iOS.jpg

これがワックス。
やわらかくなったろうそくみたいな感じですが、味はないです。



これを尖っているワイヤーのあたまにつける作業を数日続けると、傷ついたところが治って具合よくなります。
また数日経つと歯の位置が変わるのか、違うところが痛くなったり、しばらく居たいところがなくなったりします。

先月末から今月にかけては、ワックスフリー。
口の中が強くなってきたのかな?

2016年12月14日 つぶやき トラックバック:0 コメント:0

<< かゆいところに手が届く手作りのよさ その3 椅子のソックス | 10分の片づけで人が招ける家TOP | ジャスティンビーバーの歌の内容に驚く私 Justin Bieber - Love Yourself >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。