スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

忙しかった理由(いいわけ)

最近、ブログの更新を怠っていた理由(いいわけ、とも言う)が、こちら。



実は、我が家、竜巻の被害にあいました。。。

ではなく、て・・。

ハロウィンの日に増築が開始したのです。

ほぼ毎朝、7時半から5時まで、トンカントンカンやってもらってます。

zouchiku2.jpeg

取り壊しが始まって2日後の様子。

現在は、柱も壁も入って、屋根の板がはいったところです。
ここまでは、早いんだよ・・・と、大工さん。

2016年12月16日 つぶやき トラックバック:0 コメント:4

矯正始めて気がついたこと

先日もちょこっと書きましたが、歯科矯正を始めておよそ4ヶ月。

ワイヤーを口に入れられた日には、「こんなのよく子供がやるな」と思いましたよ。ほんとに。

アメリカでは真っ白で歯並びの良い歯が良いとされ、ガタガタの歯は貧乏の印(=矯正する資金がない)という印象を与えてしまいます。私の場合は、息子がやるタイミングということ、また、見える部分はさほど歯並びは悪くないのですが、奥のほうに食べ物が挟まるスポットがあり、それをなおしたくなっての、矯正でした。今更、「こいつ、金もっとルナ!」と思われることを狙ってるわけではないのですw

で、入っているワイヤーですが、本当に昔ながらのタイプで、口の中が痛くなることが多いのです。痛みに弱いアメリカ人がこんなのを我慢できているのが不思議ですが・・・。

で、心底まめな私(夫談)は、いろいろとネットやアマゾンで役に立つものを探すわけです。これが・・・無いのですよ。うーん、アメリカ人だったら間違いなく「痛くない」、「心地よくする」グッズや薬がズラリと揃っていると思ったのに、ちょっとビックリ。

で、まめな私は、矯正歯科の先生にいただいたワックスをこねこねして、痛くなっている辺りに埋め込みます。

2016-10-14_185000373_B7EB7_iOS.jpg

これがワックス。
やわらかくなったろうそくみたいな感じですが、味はないです。



これを尖っているワイヤーのあたまにつける作業を数日続けると、傷ついたところが治って具合よくなります。
また数日経つと歯の位置が変わるのか、違うところが痛くなったり、しばらく居たいところがなくなったりします。

先月末から今月にかけては、ワックスフリー。
口の中が強くなってきたのかな?

2016年12月14日 つぶやき トラックバック:0 コメント:0

ジャスティンビーバーの歌の内容に驚く私 Justin Bieber - Love Yourself

リズムの感じから、ラブソングかと思いきや、ex girlfriend への文句やないかい!
おばちゃんは、こいつ最低やな・・・って思うんだけど。

この動画で出てくる女の子達・・一緒に歌ってるし。
若いこの気持ちがわからなくなってるのか・・。

2016年12月12日 つぶやき トラックバック:0 コメント:2

大統領がトランプになって気づいたこと

大統領がトランプになったときに、「みんな、自分のことさえ良ければいいんだ」って思ったの。

環境のこと、人種差別、宗教差別、貧富の格差、どれをとってみても、弱い立場の人のことなんてどうでもいい・・・っていう考え方。
それを堂々と言えてしまう人を、自分の国のトップに選ぶ人たち。

私は心のどこかで政治家や教師、宗教家のような職業を選ぶ人たちは、高尚である、あってほしいという気持ちがある。ガンジー、ダライラマ、キング牧師のようなイメージをどこかで求めてしまう。政治家がそんな人ばかりでないことも想像つくし、みな欲があることだってわかっている。でも、ボトムの部分で、そういう高尚な気持ちを持っていて欲しいと思ってしまっている。

これまでアメリカは、ホームレスが溢れる町をみても、差別に関するニュースが絶えなくても、テロや爆弾の被害が止まなくても、「世の中捨てたもんじゃない」って思わせてくれるところがある国だったと思う。オバマが大統領になったときなんかは、まさにそんな感じだったと思う。やっぱり、アメリカってすごい! って。

私は小さい頃からサンタはうそだ・・・って知っていたからそんな経験ないのだけれど、サンタクロースが居ないって気づいたときの子供の気持ちってこういう感じなのかもしれないな。

2016年11月23日 つぶやき トラックバック:0 コメント:0

驚いた

世の中にはいろんな人がいるっていうのは知っていたが、大多数の人がこれほどまでに自分と価値観が違うとは。。

白人の労働者階級の人がトランプを支持しているといわれているけれど、それほどまでにみんな unhappy なんだな。。と。

今朝、娘をプリスクールに送っていったら、クラスメートが「トランプが大統領になっちゃったー」と泣きながら先生に抱きついてた。ま、これもカリフォルニアだから見られる光景なのかもしれない。

2016年11月09日 つぶやき トラックバック:0 コメント:2

| 10分の片づけで人が招ける家TOP |

» 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。