スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

スペインからのお土産 ヌガー



2017-01-06_20-19-26_896.jpeg

お友達のご主人がスペインの人なので、お土産にこちらのヌガーをいただきました。
砂糖とナッツ、美味しくないわけがありません。
食べ過ぎると、間違いなく体によくないだろう・・というリッチな味。

アメリカではなかなか手に入らないもののようです。

スペインからお母様が箱で送ってくださったそうです。
こちらの会社のものでした。

2017年01月16日 旅行 トラックバック:0 コメント:0

近くて遠いサンフランシスコに小旅行

あけましておめでとうございます。
お正月とは関係ないですが、お正月ということで少し長めのポストです。

増築中に家を何日か留守にしなくてはいけないことがありまして、11月のことになりますが、サンフランシスコに短いバケーションに行きました。

これが、すんごく楽しかったのですよ。

サンフランシスコは駐車料金が高いので、電車で向かいました。
これもまたいつもと違って楽しい~

私達が泊まったホテルは、Omni San Francisco Hotel 大きなホテルではありませんが、yelp での評判通り、とても良かった。 サンフランシスコにしてはお部屋もそこそこ広いし、立地もとても便利な場所。

今回は行きませんでしたが、ユニオンスクエアも近いし、ケーブルカーは目の前。チャイナタウンへは数ブロック。フェリービルディングだってすぐの距離。

今回の旅ではチャイナタウンを満喫しました。

sf3.jpeg

いきなり夜ですが・・。 週日の夜は人も少なくて、お買い物もスイスイ。
セグウェイのツアーって少し前まではオークランドにしかなかったのに、知らない間にサンフランでも解禁になってたのね。

sf2.jpeg

英語になりますが、無料でサンフランシスコ市内を案内してくれる、San Francisco City Guides のチャイナタウンツアーにも参加してきました。同じようなツアーでも有料のものがありますが、無料でも十分楽しめますので、こちらがおススメ!

ツアーは地元民の憩いの場所でもある Portsmouth Square から出発します。
sf12.jpeg

違法ですが、どうどうと賭けごとを楽しんでいます。
女性だけのテーブルも端のほうにありました。

このツアーは、観光のメインストリートである Grant や地元民が買い物をする Stockton のような大通りではなく、裏道 alley の面白さを教える?ツアーです。これがまた興味深い。

Alley にはこんな感じの道しるべ?がありました。

sf6.jpeg

ここは、チャイナタウンで唯一手作りでフォーチュンクッキーを焼いている工場?で、直売店にもなっています。中に入ると、無愛想なおじさんがサンプルをくれます。その奥ではおばさんがクッキーを形作っています。

面白いのは、中にはいって写真を撮ると2ドル撮られるよ、とツアーガイドの人が注意すること。そういうところがチャイナタウンぽい。
私が読んだサイトでは50セントって書いてあったけど、相手によって値段が変わるのかな?

sf4.jpeg

このお店の直ぐ隣では、中国の三味線みたいな楽器をひくおじさん。どうも床屋さんのようですが、お店の前には手書きで、フランクシナトラとかと共演もしているし、Will Smith が主演していた The Pursuit of Happiness にも出ています!みたいなことが書かれています。でも、あんまり上手じゃない・・・。なんかくちゃくちゃでいい加減な感じが、面白い。

sf9.jpeg

チャイナタウンには黒い歴史もあり。ここは昔、賭博やドラッグ、遊郭のような場所があるところだったのだそうです。チャイニーズギャングの抗争があったり、小さい町ながら、いろいろと深い歴史があるようです。

この Alley はその中でもあまり語られることが多くない場所。

sf7.jpeg

この右手前にあるレンガでできた花壇のような場所は、中国から連れられてきた(あるいは売られてきたり、人攫いにあってきた)若い女の子が競りにかけられた場所なのだそう。そうやってやってきた女の子達の生存期間は平均で7年くらいだった・・というから、本当に悪い環境だったのでしょうね。

ここから数ブロックのところには、白人しか住んでいないような高級住宅地・・・ほんと数ブロックで同年代の女の子の人生は天と地だったのだと思うと、なんで人間はそうなんだろう・・・って思ってしまいます。

sf10.jpeg

他にも Alley をいくつか巡りました。

ここはなんだったかな?

sf1.jpeg

ここは建物通しが近いので、ハリウッドの映画などで屋根を飛び回るようなシーンでよく使われるのだそうです。洗濯物が干されているのも生活感がでていいのでしょうね。

sf11.jpeg

ここは、今は銀行になっていますが、その昔は電話の交換所だったそうです。電話番号というものがなかったので、何とかストリートの緑のドアのなんたらさん・・・みたいな感じで電話をつないでもらえたとか。居なかったらいきつけのバーにかけなおしてくれたりもしたんですって。それはそれで便利ね。



チャイナタウンはノースビーチと呼ばれるイタリア人街と隣り合わせ。ちょっと歩くと、ヨーロッパな感じになります。

sf8.jpeg

ホテルには朝ごはんがついていませんでしたので、こちらのテイクアウトのディムサムにお世話になりました。お店の人は英語があまり話せないのでみぶりてぶりですが・・・ 美味しくて安い!普段はすごく並ぶようですが、朝早くいけば並ばないでも買えますよ。

sf5.jpeg

チャイナタウンだけではなくて、お洒落なフェリービルディングにも行きましたよ。
ブルーボトルのアイスコーヒー美味しかったです。
sf14.jpeg

本当に数ブロックで景観がかわるサンフランシスコは楽しいですね。

2017年01月01日 旅行 トラックバック:0 コメント:0

Virgin America で行くメキシコ 機内のサービスの巻

バージンアメリカ、アメリカ国内+tMobile のアカウントを持っていれば、機内で wifi が使えます。

無料で普通にメールもLINEもできたし、テキストも送れました。すごいわ。



REDをいろいろみていると、ネットフリックスのアカウントを持っていれば、wifi に無料でつながって、netflix を観ることができるよ!と。

これは、東海岸に行くときとかはいいわね~。バージンアメリカはサンフランシスコ空港はハブなので、大きな都市には全部飛んでいるだろうし。でも、アラスカ航空に買われてしまったらしいので、また変わっちゃうかもしれないけど。

virgin_netflix.jpg

残念ながら、ネットフリックスにアクセスしてテレビや映画を観るまでの速さはなく・・・。ネットフリックスは断念しました。

でも、メールやテキストできるので、移動中は便利よね。

walking.png

泊まっていたホテルもインターネットアクセスが悪くて、Lori が整形をやりすぎた人みたいになったまま、ずーっと止まってたわ。
(今、私は walking dead にはまってます。)

virgin_plug.jpg

すべての座席の下には、プラグもあり。
3人座りで、2つのプラグなので、取り合いになるかもだけどw

ということで、キャビンアテンダントはNGだけど、機内の設備はとってもグーな、バージンアメリカでした。

2016年08月27日 旅行 トラックバック:0 コメント:2

Virgin America で行くメキシコ 飲み物を頼むの巻

破天荒な感じがプンプンする Richard Branson が立ち上げた Virgin ブランドを掲げた、アメリカの航空会社、Virgin America.

機内に入ると、ファーストクラスのエリアは紫のルームライトで照らされて、普通の飛行機とは違う雰囲気を醸しだします。座席もゆったりしているし、なかなかいい感じ。席に座ると、目の前には大きなスクリーン。



ベータって書いてありますから、まだ正式に使用されているっていう位置づけではないようです。メキシコ行きですから、国際線なのですが、機種は国内線仕様の小さいもの。ということは、このシステムは国内線にも使われているはず。

サテライト経由でライブのテレビ(アメリカ)を観たり、音楽を聴いたり、簡単なゲームや、飛行機の位置を確認できるマップなどにアクセスできます。そこまでは普通に見かけるシステムですが、バージンでは面白いものを発見。

なんと、ドリンクをスクリーンで頼めるらしい。
これ、長い国際線だったら便利な機能です。

それに、離れた座席同士でチャットする機能も入ってました。息子にチャットを送ったけど、返事が無かったので、あまり使えてはいないのかも・・・だけど。

virgin_2.jpg

飲み物のほかに、スナックやアルコールにミックスするドリンクなんかも注文できます。

virgin_3.jpg

もちろん、私は on the house (無料)のものをオーダー。

virgin_4.jpg

こんなセレクション。

virgin_5.jpg

飲み物には氷を入れるか?数量は?など指定できます。
これで娘の分と自分の分をオーダーしてみましたが、私と娘には黙っていても注文の品が届きましたが、夫は口頭で聞かれてました・・・。どこまで使えるシステムなのかは未知ですが、(ベータだしね)英語が得意ではない人や、わざわざキャビンアテンダントを呼び止める勇気が無い人?が注文するにはやりやすいシステムですね。

バージン、システムは素晴らしい!
ですが・・・ キャビンアテンダントの質が・・・ひどい。つんけん度が高いし、働く気がない。 だって、搭乗のときって普通は飛行機の前に立って挨拶したり、お客さんを手伝ったりするでしょ? この飛行機のアテンダント、一番後ろの自分の席に座って、だべってる・・・。 JALなら絶対にクビだと思うわ。

2016年08月26日 旅行 トラックバック:0 コメント:3

ロス・カボス旅行記 動物編 

ホテルの近くにある街、Cabo San Lucas はこの辺りで言ったら、フィッシャーマンズ・ワーフみたいなところ。
地元の人はわざわざ行かないけど、観光できている人は一度は行くところって感じかな。

観光地の町なので、ジャンクなお土産が高い金額で売ってます。
あんなの買う人いるのかなぁ。

モールを抜けたところにマリーナがあるのですが、そこの一等地に、大きなインコと、トゥカンを連れたおじさんが仁王立ち。記念写真を5ドルで撮らせてくれる。

我が家はそんな記念写真は要らないけれど、鳥の姿はちゃっかりいただいておきました。こんな間近でトゥカンみたのは初めて。可愛らしい鳥ですね。



こちら ↓ は、ホテルの岩のあるとこにウロウロしているとかげ?さん。

横目でこちらをうかがって、少し近づくと岩の下に隠れてしまいます。
やっぱり、暖かいのねぇ~ こんなのがいるんだもの。大きさはそれほど大きくなく、大きなものでも全長50センチくらい。

カンクーンに行ったときは、1メートルくらいありそうなイグアナみたいなのがウロウロしてて驚いたけど。それに比べたらかわいいものです。

hat5.jpg

こんな小さい緑のかわいいのも居ました。

tokage.jpg

あとは、お魚とエイも見ましたよ。
変わった色の鳥も沢山見かけましたが、写真には収まってくれませんでした・・。

2016年08月24日 旅行 トラックバック:0 コメント:2

| 10分の片づけで人が招ける家TOP |

» 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。